ハーブといってもたくさんの種類が存在します。
ここでは主にサンライダー製品に使われているハーブを中心に、ご紹介していきたいと思います。

 

レモングラス

レモングラスはアジア料理やカリブ料理によく使用され、食後のスッキリ爽快感に貢献してくれるハーブです。 ハーブティーとしても多くの方々に愛飲されており、気分転換やリフレッシュし...

詳しくはこちら

シソ

日本人が昔より親しんできた食の知恵といえば「薬味」ですが、中でも「シソ」はその薬味の代表格として食されてきました。その清涼感は今でも夏の大切な薬味として日本の食卓で愛され続けて...

詳しくはこちら

ジャスミン

中華料理でよくお目にかかるジャスミン茶はお口の中をスッキリさせるだけでなく、栄養成分も非常に長けており、ミネラル、ビタミンC、ビタミンEを豊富に含みます。ミネラルは人にとって必...

詳しくはこちら

ハッカ

日本人に非常に馴染みのあるハッカは爽快感があり、食べ過ぎた時や、油っこいものを食べた後、飲み過ぎた後などに、食べたりハーブティーとして飲まれるなどして世界中で愛用されています。...

詳しくはこちら

ウイキョウ

ウイキョウは、古代エジプトやギリシャ時代から栽培され、魚料理やハーブティーのスパイスとして利用されてきているほか、 満腹感をもたらしてくれるため、補助食としても使用されてます...

詳しくはこちら

ショウガ

生姜は食用として知られる以外、「おばあちゃんの知恵」としても多々活用されていて とても身近な存在ですが、実は古くは”古事記”に記載されるように古くから健康をサポートする成分と...

詳しくはこちら

スターアニス

スターアニスとは別名「八角」と呼ばれ、その名のごとく形が八角の星の形をしています。 インド料理やアロマテラピーで馴染みのスパイスです。 香りは独特なシナモンを凝縮したような...

詳しくはこちら

リンゴ

日本で定番の果物である林檎は「1日1個の林檎は医者を遠ざける」という言葉もあるうえ、風邪をひいた時や御見舞の定番でもある事から、“お腹に優しい果物”というイメージが定着していま...

詳しくはこちら

ナガイモ

ナガイモは非常に栄養価が高く、「山の鰻」の愛称を持つ元気をサポート食品として、古くから愛されています。 特に食物繊維やビタミンB群、亜鉛・カリウム・鉄などのミネラル成分を多く...

詳しくはこちら

クコの実

最近は「ゴジベリー(Goji berry)」と呼ばれ、美容フードとして注目を浴びているクコの実は、かつては世界三大美女の楊貴妃にも日常的に食されていたスーパーフルーツで、その含...

詳しくはこちら

オタネニンジン(高麗人参)

店頭に並ぶエネルギードリンクの成分表を見ると、非常に高い確率で目にするのが、オタネニンジン。 韓国や中国では食事の中に入れて元気食として食されるほど常用されてきている食品です...

詳しくはこちら

キク花

日本の秋の花を代表する「菊」は、元は中国で大切にされており、「重陽の節句」の日には長寿を願い菊花酒が飲まれ続けています。 ビタミンやミネラルが比較的に多く、特にβ-カロテンや...

詳しくはこちら

ツバキ葉

葉が肉厚なので「厚葉木(アツバキ)」からツバキになったとされています。ツバキ葉にはポリフェノールの一種であるカテキンが含まれ、漢方のみならず昔から日本でタケノコのあく抜きにも役...

詳しくはこちら

エビスグサ種子

エビスグサの種子は決明子(けつめいし)と呼ばれ古くから日本でも煎じて「ハブ茶」として飲用されています。決明子とは「眼をすっきりさせるタネ」という意味があり、昔から生薬としても用...

詳しくはこちら