ひとくちにハーブといっても種類が豊富にあるので、
ここでは主にサンライダー製品に使われているハーブを中心に、少しずつご紹介していきたいと思います。健康な体づくりにハーブの力を活用してみてください。

昔から、熱が出た時や喉が痛い時にネギを首に巻いて対処する習慣があるように、ネギは日本人にとって古くから生活に密接した野菜として重宝されてきました。主な成分として、ビタミンC、βカ...

詳しくはこちら

フラクトオリゴ糖

フラクトオリゴ糖は砂糖に近い、くせのない、まろやかな甘さが特徴の健康的な甘味です。またカロリーは、砂糖の約半分でカロリーが気になる方にとっても嬉しい存在です。フラクトオリゴ糖...

詳しくはこちら

小麦

小麦には米と同様にぬか部分に胚芽があり、その胚芽から抽出される有効成分は小麦胚芽油と呼ばれます。その量は1トンの小麦からわずか約100g生まれる貴重な植物油で、小麦の栄養の大部分...

詳しくはこちら

マカダミアナッツ

近年ではマカデミアナッツは健康食品や化粧品用オイルなど様々なジャンルで需要が高まってきていまが、その理由として含まれる脂質になります。それら脂質は「身体に良い油」と呼ばれる一価不...

詳しくはこちら

麦芽エキス

麦芽エキスとは、大麦などの穀物に適度の水と湿度を与えて発芽されたものを乾燥させ抽出されたものをいい、水分、たんぱく質(グルタミンが25%)、脂質、灰分、食物繊維からなります。中で...

詳しくはこちら

イチゴ

クセのない甘さと柔らかくジューシーな食感で、子どもから大人まで好まれている苺は、その含有成分にも非常に期待できる果物です。中でも、苺に含まれるビタミンCの量は果実類の中で最も多...

詳しくはこちら

パイナップル

パイナップルにはクエン酸、ビタミンC、食物繊維が含まれる他、糖質と糖質の分解、エネルギー変換を助けるB1 が含まれるため、即効性のエネルギー源として役立ちます。 また、パイナ...

詳しくはこちら

バナナ

栄養豊富なバナナは高カロリーと思われがちですが、実は1本約86kcalと、ごはんやパンと比べても低カロリーな上、バランスよく各種糖類が含まれており、体内への吸収が穏やかで腹持ち...

詳しくはこちら

大福豆

インゲンマメは、豆全体が真っ白な白色系と、豆に色の付いている着色系とに大別されます。大福豆は白色系の「白いんげん」の代表的な種類です。白いんげんは、他のインゲン種と同様にミネラ...

詳しくはこちら

黒豆

黒豆とは“畑の肉”と言われる白(黄)大豆、青大豆、赤大豆など多くの大豆の種類の中の1つで表皮の黒色の大豆のことです。大豆レシチンや大豆イソフラボンなど大豆特有の栄養成分に加えてア...

詳しくはこちら

金時豆

金時豆は、インゲンマメの数多くある種類の中でも代表的な銘柄の一つです。外観の赤紫色が鮮やかなことから、「赤いんげん豆」とも呼ばれることもあります。豆類は女性にとって嬉しい成分が多...

詳しくはこちら

ハス(根)

一般的に食卓で見るレンコンは、ハスの地下茎が肥大したものの事をいいます。レンコンには、身体が健全に働くうえで必要とする成分が豊富に含まれるため、活力不足が気になる方、体調管理を劣...

詳しくはこちら

ハス(種子)

ハスの種子とは、ハスの花托(かたく)が肥大し、蜂の巣のような形になったそれら上面に開いた多くの穴に入っている種子がハスの実で、いわゆるハスの種子と呼ばれるものです。この小さな粒の...

詳しくはこちら

大麦

近年、腸内環境を整えることが大事だといわれるようになってから、食物繊維が豊富という理由で大麦が非常に注目される存在となっています。大麦(押し麦)100g中の食物繊維含有量は9....

詳しくはこちら

大豆

大豆は日本人にとっては、米や麦、粟、キビとともに5穀の1つに数えられる大切な食料源とされてきました。大豆の約3割はタンパク質で構成されています。このタンパク質には、必須アミノ酸...

詳しくはこちら

夏ミカン

スッキリした酸味と甘さで爽やかな味わいの夏みかんですが、その酸っぱさのもとになっているのは、クエン酸で、みかんに比べ倍もの量が含まれています。クエン酸は体内の酸性物質を分解し、エ...

詳しくはこちら

オレンジピール

フルーツとして親しみのあるオレンジですが、ハーブとしても大変活用されています。また、オレンジピールとは乾燥したビターオレンジ果皮を指すことが多いですが、厳密な決まりはないためスイ...

詳しくはこちら

ローズヒップ

ローズヒップは、豊富なビタミン類を含有することから、美容成分として注目される成分です。 その中でも最も突出しているのがビタミンCで、レモンの約20倍を含みます。さらに、あわせ...

詳しくはこちら

カカオ

カカオは嗜好品としてのみならず、栄養の面からも様々なパワフルな成分を含む食品として注目されています。中でも注目されるのがカカオポリフェノールとカカオプロティン(たんぱく質)です。...

詳しくはこちら

ハト麦

ハトムギは、「ヨクイニン」という名で漢方として利用されていますが、その栄養価の豊富さから、最近日本でもお米と混ぜて炊く・スープや煮込みに加える・お菓子の材料として取り入れる方が増...

詳しくはこちら

ラカンカ

ラカンカは甘未成分である「テルペングリコシド」で出来ており、その甘味は砂糖の300~400倍にもなります。このテルペングルコシドの最大の特徴はブドウ糖を含まないという点にあります...

詳しくはこちら

ユーカリ

ユーカリ(Eucalyptus)は、オーストラリアなどが原産となっている植物です。そのユーカリの葉から抽出されるユーカリオイルはアロマテラピーの他、のど飴、うがい薬、塗り薬など...

詳しくはこちら

ミツロウ

ミツロウはミツバチ Apis mellifera または同属動物の巣から得られる「蝋」であり、化粧品に活用されている成分です。配合目的としては結合剤、乳化安定剤、物理的脱毛剤、...

詳しくはこちら

マロニエ

マロニエは、その実や樹皮、葉、花、種などの部位にエスクリンという有毒成分が含まれるため、生のまま食すのは禁忌されています。しかし、適切に毒を除去されたものは安全に摂取できるため...

詳しくはこちら

マンゴー

マンゴーは世界三大美果の一つにあげられており、非常に栄養成分が豊富な果物です。全体の80%が水分で、残りはビタミン類、特にビタミンA(β-カロテン)、ビタミンB3 (ナイアシン...

詳しくはこちら

シナモン

シナモンはクスノキ科ニッケイ属のいくつかの樹木を指す言葉で、厳密な区分としてはセイロンニッケイと呼ばれる種類が香辛料としてよく使用されています。シナモンが100gあたりに含むミ...

詳しくはこちら

チョウジ

チョウジのつぼみ・葉などを水蒸気蒸留して得られる油をチョウジ油といい、別名”クローブ”油の名称でも知られています。チョウジ自体は古代エジプトや中国で重用されてきた植物です。その...

詳しくはこちら

キカラスウリ

キカラスウリは少し緑がかった優美な花を日没を迎えると共に咲かせ、朝閉じるユニークな特徴を持っています。そのキカラスウリの塊根は栝楼根(カロコン)という名で日本でも幅広く活用され...

詳しくはこちら

ラズベリー

その甘酸っぱい味で人気のラズベリーはフルーツとして大変人気な存在ですが、中に含まれる栄養成分はなかなかで、女性が喜ぶ果実ともいわれています。主な特徴は3つ挙げられます。1つめが...

詳しくはこちら

サンザシの実

サンザシは可愛らしい赤い実をたくさんつける事から日本では観賞用として主に使用されてきていますが、海外ではその実の中に凝縮される豊富な栄養成分で食用として愛用されてきている木の実...

詳しくはこちら

枇杷

枇杷は、その皮のみならず果実もしっかりオレンジ色をしていますが、その色はβカロテンやβクロプトキサンチンなどのカロテノイド類によるもので、その含有量は果物の中でもトップクラスの豊...

詳しくはこちら

ハチミツ

ハチミツとはミツバチが花の蜜を採集し、巣の中で加工、貯蔵したものをいい、自然界で最も甘い蜜といわれています。 ハチミツに含まれる栄養成分には、良質なビタミン類やミネラル類をは...

詳しくはこちら

ステビア

ステビアとは南米パラグアイとブラジルの国境付近に生息するキク科の多年草で、16世紀半ば頃からマテ茶に甘味を付けるために利用されていました。 葉の部分に“ ステビオサイド ”、...

詳しくはこちら

アーモンド

アーモンドは、ビタミンEが豊富なことはよく知られていますが、その量はピーナッツの約3倍含まれるとされます。ただ、それにはとどまらず、“オレイン酸・リノール酸”を含有する脂質の約...

詳しくはこちら

サージ

サージの最大の特徴は200種以上の栄養成分を含み、その代表的な成分はビタミン類(ビタミンA、C、E)、各種ミネラル、アミノ酸、ポリフェノール、カロテノイド、食物繊維等々、女性が...

詳しくはこちら

ナツメヤシ

ナツメヤシは、最近日本国内でも別名“デーツ”として美容・栄養価の高い食材として人気が高まってきていますが、その正体はあまり知られていません。実はヤシの木の実で、“クレオパトラの...

詳しくはこちら

トウガン

瓜は冬野菜と勘違いされがちですが、実は夏野菜で、暑い気候を乗切るための様々なサポートをしてくれます。 その成分構成は95%が水分で、残りはビタミンB群(ビタミンB1,ビタミン...

詳しくはこちら

クワ

日本では蚕の餌としてお馴染みのクワの葉ですが、最近ではクワの葉中には非常に豊富な栄養素が含まれるという事で、青汁やグリーンスムージーに使用されるようになりました。具体的には、カ...

詳しくはこちら

カンゾウ

甘草(カンゾウ)は日本でも幅広く活用されるハーブの一つです。ショ糖の約150倍もの甘味を持つのに関わらずカロリーが非常に低いという事で、天然由来の添加物としてお菓子やソフトドリ...

詳しくはこちら

アルファルファ

アルファルファはそのひょろっとした風貌からは想像つかない豊富な栄養成分を含有しており「野菜の王様」と呼ばれています。それら複数の栄養成分は貴重かつ各々が多量に含まれているという点...

詳しくはこちら

西洋タンポポ

春になると道端でよく目にするタンポポは、雑草としてのイメージが強いですが、欧米では栄養豊富な優秀なハーブとしてタンポポを食す習慣があり、普通にスーパーで売られていたりします。そ...

詳しくはこちら

レモングラス

レモングラスはアジア料理やカリブ料理によく使用され、食後のスッキリ爽快感に貢献してくれるハーブです。 ハーブティーとしても多くの方々に愛飲されており、気分転換やリフレッシュし...

詳しくはこちら

シソ

日本人が昔より親しんできた食の知恵といえば「薬味」ですが、中でも「シソ」はその薬味の代表格として食されてきました。その清涼感は今でも夏の大切な薬味として日本の食卓で愛され続けて...

詳しくはこちら

ジャスミン

中華料理でよくお目にかかるジャスミン茶はお口の中をスッキリさせるだけでなく、栄養成分も非常に長けており、ミネラル、ビタミンC、ビタミンEを豊富に含みます。ミネラルは人にとって必...

詳しくはこちら

ハッカ

日本人に非常に馴染みのあるハッカは爽快感があり、食べ過ぎた時や、油っこいものを食べた後、飲み過ぎた後などに、食べたりハーブティーとして飲まれるなどして世界中で愛用されています。...

詳しくはこちら

ウイキョウ

ウイキョウは、古代エジプトやギリシャ時代から栽培され、魚料理やハーブティーのスパイスとして利用されてきているほか、 満腹感をもたらしてくれるため、補助食としても使用されてます...

詳しくはこちら

ショウガ

生姜は食用として知られる以外、「おばあちゃんの知恵」としても多々活用されていて とても身近な存在ですが、実は古くは”古事記”に記載されるように古くから健康をサポートする成分と...

詳しくはこちら

スターアニス

スターアニスとは別名「八角」と呼ばれ、その名のごとく形が八角の星の形をしています。インド料理やアロマテラピーで馴染みのスパイスです。香りは独特なシナモンを凝縮したような甘い香...

詳しくはこちら

リンゴ

日本で定番の果物である林檎は「1日1個の林檎は医者を遠ざける」という言葉もあるうえ、風邪をひいた時や御見舞の定番でもある事から、“お腹に優しい果物”というイメージが定着していま...

詳しくはこちら

長芋

長芋は非常に栄養価が高く、「山の鰻」の愛称を持つ元気をサポート食品として、古くから愛されています。特に食物繊維やビタミンB群、亜鉛・カリウム・鉄などのミネラル成分を多く含みます...

詳しくはこちら

クコの実

最近は「ゴジベリー(Goji berry)」と呼ばれ、美容フードとして注目を浴びているクコの実は、かつては世界三大美女の楊貴妃にも日常的に食されていたスーパーフルーツで、その含...

詳しくはこちら

オタネニンジン(高麗人参)

店頭に並ぶエネルギードリンクの成分表を見ると、非常に高い確率で目にするのが、オタネニンジン。 韓国や中国では食事の中に入れて元気食として食されるほど常用されてきている食品です...

詳しくはこちら

キク花

日本の秋の花を代表する「菊」は、元は中国で大切にされており、「重陽の節句」の日には長寿を願い菊花酒が飲まれ続けています。 ビタミンやミネラルが比較的に多く、特にβ-カロテンや...

詳しくはこちら

ツバキ葉

葉が肉厚なので「厚葉木(アツバキ)」からツバキになったとされています。ツバキ葉にはポリフェノールの一種であるカテキンが含まれ、漢方のみならず昔から日本でタケノコのあく抜きにも役...

詳しくはこちら

エビスグサ種子

エビスグサの種子は決明子(けつめいし)と呼ばれ古くから日本でも煎じて「ハブ茶」として飲用されています。決明子とは「眼をすっきりさせるタネ」という意味があり、昔から生薬としても用...

詳しくはこちら