ダイサンチクとは、南方系や東南アジア原産の竹で、日本の竹のように地下茎は張り巡らさず株立ちとなる竹です。日本では東海地方以西の暖地で栽培され、関東地方では観賞用に鉢植えにし、温室で越冬させます。
ダイサンチクは化粧品成分としても葉、茎、液汁など各部位が使用され、ダイサンチク葉/茎/液汁/水エキスなどの名称で竹から抽出された成分として活用されています。欧米ではバンブーエキスの名称で植物由来成分として近年注目されており、自然派コスメに多く活用されています。主な特徴としては、保湿効果とキメを整えてくれる整肌効果が期待されます。

学名Bambusa vulgaris
和名泰山竹(ダイサンチク)
分類イネ科
種類ホウライチク属