カモミールはハーブティとして馴染みのあるハーブですが、化粧品成分としても「カミツレエキス」として有名です。主に2種類のカモミールが活用されており、ハーブティとしてよく利用されているのが「青リンゴの香り」と評される、とてもフルーティーで甘い香りが特徴のジャーマンカモミールです。その心地よい香りから、就寝前に選ばれるハーブティです。美容成分や精油として利用されるのはローマンカモミールが多く、その保湿力が特徴です。また、近年では酸化ならず糖化が肌にダメージを与える原因として着目されていますが、カモミールには抗糖化成分であるカマメロサイドを多く含む事から注目が集まっています。

学名Matricaria recutita、Anthemis nobilis
和名カミツレ
分類キク科
種類シカギク属