ハトムギは、「ヨクイニン」という名で漢方として利用されていますが、その栄養価の豊富さから、最近日本でもお米と混ぜて炊く・スープや煮込みに加える・お菓子の材料として取り入れる方が増えてきています。
主に、精白米と比較すると2倍以上を含有するタンパク質、約8倍の食物繊維、その他にも脂質やカルシウム、鉄分、ビタミンB1、ビタミンB2などを豊富に含みます。その為、栄養補給以外にも肌が喜ぶ食材として注目される穀物の一つです。
また、化粧品としても注目されており、ハトムギに含まれるコイクセノライドは肌を本来の肌周期へ近づけることにより、肌荒れしにくい健やかな肌へと導きます。

学名Coix lacryma-jobi
和名ハト麦
分類イネ科
種類ジュズダマ属