日本ではチガヤの名でしられるインペリア シリンドリカは砂漠や過酷な地に生息する植物で、非常に生命力の強い植物であり、花言葉に「子供の守護神」「親しみ深い」「守護神」を持ちます。
長く地中を這う根茎は古くより活用されており、3分の2の量になるまで煎じ飲用されています。さらには、「チガヤ根エキス」として化粧品成分としても活用されています。
元来過酷な環境である砂漠で生息してきたチガヤは自然界で発達させた、たくましい生命力以外にも保湿機能に長けており、化粧品成分としても利用されています。

学名Imperata cyindrica
和名千茅(チガヤ)
分類イネ科
種類チガヤ属