ビワは、その皮のみならず果実もしっかりオレンジ色をしていますが、その色はβカロテンやβクロプトキサンチンなどのカロテノイド類によるもので、その含有量は果物の中でもトップクラスの豊富さとされています。これらカロテノイド類は体内に入るとビタミンAに変換される為、大変貴重とされています。その他、酸味成分であるクエン酸やその働きをサポートするビタミンB2も含まれます。また、もう一つ特徴的な栄養成分としてクロロゲン酸などのポリフェノール類が含まれるため、女性に好まれるフルーツでもあります。

学名Eriobotrya japonica
和名ビワ(枇杷)
分類バラ科
種類ビワ属