フラボノイドとは、植物に含まれる色素の総称で、主に植物の花、葉、根、茎、果実などの表皮細胞に含まれ、カテキン、ルチン、イソフラボン、アントシアニンなどその数は2,000種類から4,000種類とも言われています。
また、バイオフラボノイドはビタミンPとも呼ばれるフラボノイド(野菜や果物から発見された水溶性の植物色素)の一種で、その中でも、柑橘類に豊富に含まれるフラバノン類は貴重とされています。代表的なものにヘスペリジンやナリギン等があります。例えば、ヘスペリジンはビタミンCと仲の良い成分で、ビタミンCの働きを助けることで、健康や元気のバランスなどイキイキとした生活をサポートします。この成分は特に年齢を重ねるたびに必要性が高くなる成分です。