ウイキョウは、古代エジプトやギリシャ時代から栽培され、魚料理やハーブティーのスパイスとして利用されてきているほか、満腹感をもたらしてくれるため、補助食としても使用されてます。
その特徴的な味の元となるのが、「アネトール」と呼ばれる主成分にあり、食後に5~6粒噛むと口内・体内のリフレッシュをしてくれるます。海外のレストランやバーでは食後にウイキョウを出す事も多々見られます。また、その他多様な各種ビタミン・ミネラルも含まれます。
「アネトール」の影響のため、妊娠中の女性や幼いお子様は摂取しなよう注意が喚起されています。

学名Foeniculum vulgare
和名茴香(ウイキョウ)
分類セリ科
種類ウイキョウ属