ガルシニアカンボジアは果物の女王と呼ばれているマンゴスチンの仲間で、インドや東南アジアで広く自生しています。実は甘酸っぱく、果皮はスパイスとしても古くから使われてきました。
ガルシニアカンボジアに含まれるヒドロキシクエン酸(HCA)は米国の研究機関でその研究結果が発表されたこともあり、人気に火がつき多くのサプリメントに活用されています。HCAは、乾燥した果皮に10%~30%含まれており、レモンなどに含まれるクエン酸に似た成分です。
油っこい食事や食べる事が大好きな人が、ガルシニアを食してからエクササイズをすることが多く、ガルシニアカンボジアはコーヒーやお茶との相性が良い為、一緒に混ぜて飲まれています。

学名Garciniacambogia
和名ガルシニア、マラパールタマリンド、ゴラカ
分類オトギリソウ科
種類フクギ属