最近は「ゴジベリー(Goji berry)」と呼ばれ、美容フードとして注目を浴びているクコの実は、かつては世界三大美女の楊貴妃にも日常的に食されていたスーパーフルーツで、その含有成分は100種にのぼると言われています。特に豊富に含まれているのは、カロテノイドの一種であるβカロチンやゼアキサンチン、ルテインとポリフェノールの一種であるリコピンやルチン、タンニン、ヘスペリジンです。
さらに、レモンの8倍の含有量のビタミンC、ミネラル(カルシウム・鉄)、必須アミノ酸を豊富に含み、女性の美しさをサポートする成分の宝庫とされています。

学名Lycium chinense
和名クコ
分類ナス科
種類クコ属