昔から、熱が出た時や喉が痛い時にネギを首に巻いて対処する習慣が日本に根付いているように、ネギは日本人にとって古来より生活に密接した野菜として活躍してきた欠く事の出来ない存在です。
主な成分として、ビタミンC、βカロテン、カルシウム等があげられます。
中でも、ネギにある独特のにおいや辛味の元である「アリシン」が豊富に含まれており、ネギにおける最も特徴的な成分として挙げられます。アリシンは体内でビタミンB1に代わり体内に取り入れられます。このアリシンはにんにくにも豊富に含まれる成分です。

学名Allium fistulosum
和名葱(ネギ)
分類ユリ科
種類ネギ属