ミルラはモツヤクジュから抽出された樹脂で、古代から重宝されてきた歴史ある薫香の一つです。かつてイエス・キリストが誕生した時に黄金、フランキンセンス(乳香)と共に非常に高価で神聖なものとして贈られていました。
また、古代エジプトでは死者を保存するミイラ作りに利用されていたことから、ミルラとの名前が付いた言われています。
現在、ミルラの名称で化粧品成分やアロマオイルとして活用されています。その香りはサッパリとしたスパイシーな中に甘くスモーキーな香りが特徴です。
また、化粧品成分としては乾燥による小じわを目立たなくさせるなどエイジングケアとして活用されています。
※エイジングケアとは、年齢に応じたケアのことです。

学名Commiphora myrrha
和名没薬(もつやく)
分類カンラン科
種類コンミフォラ属(ミルラノキ属)