日本人が昔より親しんできた食の知恵といえば「薬味」ですが、中でも「シソ」はその薬味の代表格として食されてきました。その清涼感は今でも夏の大切な薬味として日本の食卓で愛され続けています。
栄養成分も非常に長けており、緑黄色野菜に比べて、β-カロテンの含有量が大変多く、全野菜の中でもトップクラスです。その他、カルシウム、鉄分といった無機質も豊富で、ビタミンもB1、B2、Cと豊富に含まれています。

学名Perilla frutescens var. crispa
和名シソ(紫蘇)、大葉
分類シソ科
種類シソ属