ステビアとは南米パラグアイとブラジルの国境付近に生息するキク科の多年草で、16世紀半ば頃からマテ茶に甘味を付けるために利用されていました。
葉の部分に“ ステビオサイド ”、“ レジウジオシド ”などの甘味成分が集中しており、砂糖の200~300倍程の甘味を持ちます。カロリーはゼロ、虫歯の原因にはならない為、砂糖の代替えとして近年では、天然の甘味料として日本国内でも活用されてきています。

学名Stevia rebaudiana Bertoni
和名アマハステビア
分類キク科
種類ステビア属