近年アーモンドオイルやオリーブオイルなどの様に植物種子から採れた油はその栄養価の高さから幅広く活用されていますが、ヒマワリの種子も同様で「ヒマワリ油」、「サンフラワー油」の名称で色々な用途に活用されています。
ヒマワリ油には不飽和脂肪酸のオレイン酸、リノール酸、ビタミンA、D、ビタミンE、ミネラルなどが含まれています。
また、ヒマワリセラミドと言われる保湿成分が含まれる点が特徴的です。
セラミドには、身体を乾燥から守り保護する役割がりますが、ヒマワリセラミドは人が持つセラミドと似た構造をするため、肌への馴染みが良く、高い保湿力を発揮し、固くなった肌を柔らかくして刺激や乾燥から保護する働きがあります。

学名Helianthus annuus
和名向日葵(ヒマワリ)
分類キク科
種類ヒマワリ属