チャノキからとれた葉を発酵させたものは、その発酵度合により緑茶(不発酵茶)、烏龍茶(半発酵茶)、紅茶(完全発酵茶)と分類されますが、化粧品成分として活用される際には全て「チャ葉エキス」の名で統一して表示されます。栄養成分はポリフェノールの一種であるチャカテキン、カフェイン、ビタミンE・C、アミノ酸の一種であるテアニンやアルギニンを含みます。
チャ葉エキスは優れた保湿を備えており、乾燥から肌を守り、肌に潤いをたっぷりと与えてくれます。その他、肌をキュッと引き締める収れん作用があり、エイジングケア化粧品、毛穴ケア化粧品、肌荒れの防止対策向けの化粧品に活用されています。
※エイジングケアとは年齢に応じたケアのことです。

学名Camellia sinensis
和名チャ
分類ツバキ科
種類カメリア属