ハーブの力を最大限に引き出すため、専門家の手によってすべての工程を自社で行っています。

高度な専門性を持つ経営陣

ハーブの専門家として世界的に知られるドクター・テイ・フ・チェンと、
妻で医師免許を持つドクター・オイリン・チェンによって「再生の哲学」が考案されました。
医師としても活躍する長男のドクター・ルーベン・チェンはビジネスと製品の研究開発を担当。
有機化学を専門とする次男のエリック・チェンは、ロサンゼルス工場で製造から品質管理までを担当しています。
サンライダーのすべての製品は、これら高度な専門性を持つ経営陣の手によって処方され、製造されているのです。

安心・安全な原材料

サンライダー製品の原点であるハーブは自社の研究菜園にて栽培され、新しい栽培方法や土壌、肥料などについて日々研究が重ねられています。
また、収穫されたハーブは専門家によって選別され、有効な部位のみを使用。
さらに自社の微生物研究室で精密に検査され、細菌など有害な汚染物質が含まれないことを確認します。
科学研究室では最新の分析機器と技術を駆使して、重金属など有害元素の分析を行い、安全性が確認されたものだけを使用しています。

自社工場だからこそ実現できる高品質

サンライダー製品はすべて、世界5ヵ所にある自社工場で生産されています。
独自の技術でハーブ成分を抽出・濃縮し、必要に応じてフローコート/スプレードライ化。
時間と手間をかけることで、ハーブ本来の自然構造を維持したまま製品に配合し、余分な保存料などに頼ることなくフレッシュな状態でお届けすることが可能になります。
このように、原料の栽培から製造、品質管理までを自社で一貫して行うことで、安心・安全で高品質な製品を実現することができるのです。

世界5ヵ所の生産拠点

拡大を続ける流通ネットワークを支えるため、サンライダーは現在、世界5ヵ所に自社工場を有しています。
中でも中国、シンガポールの工場は、食品製造衛生環境についてA級の認定を受けています。
また、2008年には、約100万平方フィートという広大な敷地を有するロサンゼルス工場に、主な研究・開発・製造セクションを集約しました。
このロサンゼルス工場は、FDA(アメリカ食品医薬品局)が定める基準を超える衛生管理がなされており、医薬品も製造可能な拠点としての認可を受けています。